金田んち

スマホ表示の読者登録ボタンがどっか行きました。見かけた方はご連絡ください。至急引き取りに伺います。

何もない

文字サイズ

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

最近ブログ書いてなかった。
なんかあんまり時間ないってのもあったけど、なんか頭ん中がちょっと前とは変ったような、変な感じ。
少し仕事が忙しいせいなのかもわかんないけど、最後にブログの文章書いた時とは使ってる脳味噌の部位が違う気がする。
なんつーか、なんか書けるなぁってなってるときは、脳味噌の中心部分、たぶんそこには核みたいなものがあるんだろうけど、それが主に働いてて、だから中心のところ付近が重いし熱を帯びてるような感じ。そんな時って、仕事で何か考えないといけないような場面でもすぐにこうすりゃ上手くいくかも、みたいにわりと閃くことが多い。文章書いてても次から次に頭ん中で構成ができて、こう書いたほうが分かりやすいかもとか、こう書いたほうが面白いかも、みたいなのが続々と浮かんできて、んで書き進めるうちにその中からこれにしようみたいな選択が自動化されてる。
今はなんつーか、中心のところは機能してなくて、周りの部分でなんとか補ってるような感じ。
おしゃべりでいうと、特に話したいこともないのに場を持たせるために適当に言葉を口から発してるみたいな、なんかそういう空虚な頭の使い方をしてるみたい。
なんでこんなことになってるのかはわからん。
けど、今はだれかにこれを伝えたい、とか、あの人にこれを読んでほしい、とか、そういう願望がないのかもしれない。
じゃあなんで今こうやって文章書いてるかって、何日か前まではあったはずだから。俺は何かについて考えて、その考えをここに書いて、んでいつも読んでくれてる人にまた読んでもらいたかったはず。なのにそれがどっかいった。
何について考えていたのかも分からなくなった。どう書こうとしてたのかもわからなくなった。それは本当に伝えたかったことなのかも、なにもかも今となっては分からなくなった。
分からなくなるくらいのことなんで大したことじゃなかったんだと思う。いや、俺が考えることなんて、軽く150%くらいは他人にとって大したことじゃない。ただ俺が書きたい、伝えたいって思ってるだけで、大きいのは俺の気持ちだけ。だから書かないからって世の中がどうにかなるわけじゃない。
そんなことは分かってる。
でも書きたくなる。あの時思ってたことって何だったのか。何を書こうとしてたのか。どうやって書こうとしてたのか。今の俺が、過去の俺の考えを知りたい、その時に書けたはずの文章を読みたい、どれが良いのか悩んでタイプした言葉を見てみたい。
だれも過去には戻れない。未来は勝手にやってくるけど、明日という日は絶対すごせない。今日から明日にうつっても、その時点で生きてるのは今だから。だから誰も今しか生きることはできない。この文章だって今しか書けない。昨日は書けなかったし、明日も書けない。
今を大切にしなさい。
今ってなに?
ここでこうやって文章をタイプしてるのも今。夜眠っている時も今。うんこしてる時も、仕事で上司に怒られてる時も、なんにも考えずぼーっとしてる時間も、子供があと何年こうしてべたべたすり寄ってくるのかなって寂しくなってる時も、全部今。
大切にするってどうやったらいい?
すべての今を噛みしめること?すべての今に全力を出すこと?
頭が悪いから、なんかよくわかんねぇや。
しかも、よりによって頭が働いてない今、なんでこんなこと考えてるんだろう。もともと頭良くないのに、頭働いててもよくわかんねぇようなことを、なんで今考えてんだろう。
とりあえず文章を書きたくなったのは、書いてたら何か思い出すかなぁとか、少しは頭働きだすかなぁとか、そんな甘ったれた淡い期待を抱いたから。
なんかのきっかけで頭が働くようになるなら、そのきっかけをつかみに行くしかねぇよなとか思ったから。
でもだめだ。今何文字くらい書いたのかな。1500字か。とりあえず10分くらい書いてみたけどずっと靄がかかったみたいな感覚で、何を書いてるのかあんまよくわかんねぇ。
特に意味があるようなことを書いてるようには思えないし、むしろ無茶苦茶な文章じゃないかな。文字としては成立してるだろうけど、日本語として、文章として成立してるのかについてはちょっと怪しい。あと、ぜんぜん頭がすっきりするような予感がしない。
おおさまの耳はロバの耳ーって叫べるのは、どうしても叫びたくてつっかえたもんがあるからだ。だから穴の中に叫んだらすっきりするし、魂を持った言葉は種に宿り、果てには民衆やおおさまのところにその声が届いた。
なんだこの文章は。伝えたいものがない、ただの落書き。いくら体裁を整えたってこんなものは誰のもとにも届かない。ゴルフだって、いくらタイガーウッズが完全なスイングで打っても、中身がスカスカのゴルフボールじゃうまく飛ぶわけない。砕け散っておしまいだ。
文章を誰かに届けるには魂がいる。体裁なんて整ってなくたっていい。テクニックだけあったって中身がなけりゃどこにも届かないけど、中身のあるボールなら右に曲がろうが左に曲がろうがどこかに届く。
また何か伝えたいことが湧いてきてほしいけど、願ったって出てくる類のもんじゃないよな。けど何もしないで待ってるような性格でもないから手を動かしたけど、もう少し時間かかりそうだ。
もしかしたらもう何も湧いてこない、ってことはないよな。

広告を非表示にする